GBP/円のトレードと反省

大きなサポートBreakでのショート失敗で高値で追加のナンピンショート

サポートをしたにBreakしたので、1枚ショートした。
いつもなら15~30pipsくらいで利確するのだが、大きなサポートだったのでホールド
MAのGC,MACD GC、ヒストグラムゼロ以上、RSI50越えと上昇トレンド開始のサインが出たが、D1が下降トレンドなので持っておこうと思った。
その後、急騰したので、反落を期待して4枚ナンピン売り。
最初に30pipsとっておけば、ここは安心してロングで行けたのに、欲を出したばかりに苦労している。
グラフは5分足

短期に確実に、欲を出さないでが鉄則。結果は次のトレード

GBPJPY_2017-03-08

大きなサポートBreakでのショート

下降トレンド中に大きなサポートをBreakしたのでショートしたが、はじき返されて上昇トレンド形成
D1は加工トレンドなので、保持した。
次の取引で、4枚ショートして、下降したところで全部決済をしようと考えた。
たまたま合計ではプラスとなったが、完全にBreakして10pips下に抜けないと、このような大きなサポートでは跳ね返される。

GBPJPY_2017-03-12

D1とH1のトレンドが反対でのショート

D1が下降トレンド形成中に、H1が上昇に転じ、レジスタンスを突破できなかったので、売ってみた。
欲を出さないで、利確ポイントを15pipsに設定していたので、利確できた。

反省:

MA GC, MACD GC,ヒストグラム0以上、RSI50超え とH1では明らかな上昇トレンド開始
たまたまうまく利確でしたが、トレンド形成中は明らかなトレンドの終わりサインがでるまでは、逆張りはやってはいけない。と感じた。

GBPJPY_2017-03-12

D1とH1のトレンドが反対でのショート

H1が上昇トレンド形成中だが、D1が下降トレンドなので、ショートしてみた。
たまたま、下降に転じたので、15pipsとれたが、やってはいけないトレードと反省
ショートする理由がない
この後、右肩の低いダブルトップを形成したので、ここでサポートをBreakしたときにショートは良い。

GBPJPY_2017-03-12