薬剤師が転職で失敗しないためにはどうすれば良いか?
実際に転職をした薬剤師に経験談を聞いてみました。

【成功例】勤務時間(残業時間)と給与のバランスを見ながら転職先を検討

給与面が気になってきて、一度転職しました。

転職をするときのポイントは、勤務時間(残業時間)と給与のバランスです。

入社当初もさほど悪くはなかったですが、から現在に至るまで、さらに条件が改善されてきているので、満足です。

 

【成功例】定年後の再就職のため化学企業から薬局へ

定年後の再就職のため、化学企業から薬局へ転職しました。

勤務時間や通勤時間などを重視して転職をしましたが、人当たりが良くない人が多く、人間関係が少しストレスになっています。

転職の際にはアポフラスさんにお世話になりました。定年後の再就職にも快く対応していただけて、紹介業としての対応には非常に満足しています。ありがとうございました。

 

【失敗】製薬から予備校、さらに薬局へ転職

最初製薬企業へ就職し、その後予備校、さらに薬局をいくつか経験しています。

転職経験は多い方かもしれません。
会社との考え方が会わないなどの理由で辞めました。

転職をする際には給与面を重視していますが、今の薬局にも少し不満が出てきています。勤務時間が長く、給料が安い、年配のパートの方しかいないので、社員である自分が無理せざるを得ない、など人員配備的な問題もあります。

今後転職を考えている薬剤師には、ぜひ「自分が何を求めているか」「会社が何を求めているか」の両方をしっかりと考えたほうがいいと思います。

 

【成功】妊娠・出産を機に病院薬剤師に転職

大学の研究室から病院薬剤師に転職しました。

転職の際には、公的施設のパート 超過勤務手当、年休消化などが適正な事、薬剤師としてきちんとした教育を受けられる環境であるかを重視して慎重に転職先の病院を選びました。

 

【失敗】ないと言っていたはずの残業が多い

家族の転居のため、病院から調剤薬局へ転職しました。

家庭も大事にしたかったので、通勤時間の負担がなく、勤務時間も長すぎないこと、それから給料面を重視して転職先を探しました。
勤務時間が長いことだけは転職した今もまだ課題ですね。。。

残業についてはどの会社も募集時の条件記載よりは多くなることを覚悟しておいた方がいいと思います。

 

【成功】家庭や子育てと仕事の両立がうまくいってます

薬局勤務から別の薬局へ転職しました。もともといた調剤薬局の経営者が高齢で、後継ぎもいなかったので閉局となり、次の職場を探す形です。

家から通える範囲、ということで勤務地や勤務時間を優先して転職先の薬局を選びました。

子育てや家事と、子どもの中学受験など色々大変でしたが、家庭も仕事も両立して患者からも信頼されています。良い職場です。

 

 

薬剤師の転職なら薬剤師求人.com

1万人以上の薬剤師が使っている薬剤師の求人・転職ポータルサイトです。