2017/3/22のポンド円トレード結果 その1

トレードする理由

ショートする理由

H4、H1、M15、M5で下降トレンド
ネックラインを下にブレイクするかもしれない
M15 MAはDC済、MACDのヒストグラムがゼロ以下、DCしそう、RSIは50以下で下降中

ロングする理由

MACDとシグナルが絡み合いながら、水平に動いている、どちらに動いてもおかしくない

トレード

ネックラインをブレイクするポイント@138.438で、売りのオーダを入れて待つ。

推移と結果

はっきりとした売りシグナルがそろうまで待とうと思って待ったが、MACDとRSIは明らかに上昇を示唆、実体もMAを抜いてきたので利確
29pipsの利
利確のタイミングがよければ50pipsとれたトレード
50pips動くと、反対に動き始めるという言葉を肝に銘じてゆきたい。まさにその通りになった

チャートと分析

エントリー後すぐのM15

ネックラインのブレイクポイントに売り待ち
すぐに下げ始める

トレード全体M5

はっきりとした売りシグナルがそろうまで待とうと思って待ったが、MACDとRSIは明らかに上昇を示唆、実体もMAを抜いてきたので利確
もっと早く利確すればよかったと思う

利確ポイントは、下記がそろってきたとき
MACDとシグナルがGCした
前足の高値を超えてきた
RSI上昇
ヒストグラムがプラス

2017/3/22のポンド円トレード結果 その2

トレードする理由

その1のトレードで利確後、上昇トレンドを継続している

ショートする理由

M5レジスタンスにあたって下がる

ロングする理由

M5のMAがGC
MACDはすでにGC、ヒストグラムはゼロ以上
RSIは50を超えてきた

トレード

ネックラインをブレイクする@138.225に買待ち
ブレイクした

推移と結果

ブレイクした後順調に上昇
MAもオシレータも上昇を示していたが、前回のサポートに来たので利確
5分足2本で26.4pipsの利確ができて満足
ネックラインブレイクした後のスピードは快適

チャートと分析

買った時のM5

ネックラインをブレイクする@138.225に買待ち

T/Pポイントの設定

以前のサポートライン手前にT/Pを設定した

利確時のチャートM5

5分足2本で利確 

その後のチャート

長い横ばい、買値までの下落を経験して再度上昇
昨夜の時点で決済しておいてよかった
持続していたら、ストレスフル