ポンド円@20170321

ショートする理由

トレンド:
     チャート :H4は下降トレンド
           M15は下降トレンド、売り安心ゾーン
     MA:    H4 MA DC 下降中、
           M15 MA DC 下降中
     MACD: H4 ゼロ以下に、ヒストグラムもゼロ以下
           M15 ゼロ以下、ヒストグラムもゼロ以下に
     RSI: H4 50以下
           M15 下降から、50にタッチ
ショートしない理由

トレンド:
     チャートH1は短期、中期、長期とも安心ゾーン(実体がMAよりも上) 
     MA H1は上昇トレンド、MAはGC
     MACD H1ゼロより下でGC、ゼロに向かって上昇中、ヒストグラムはプラス
     RSI H1 50から上昇中

ショートの根拠:M1のダブルトップを切りそう
     長い足と短い脚がショートを示唆、H1は反対で、3つのうち2つが下降を示唆

タイミング:M1のダブルトップを切ったところで、@139.264ショートエントリー

推移 :1.一度ネックラインを切って、再度上昇、その後、100pipsの急上昇
    2.m5MADC ゼロより高い位置でDC、ゼロに向かい下降ヒストグラムはゼロ以下。
      離れるかも。
      ダブルトップのネックラインをきれば、140.091で1lotショート予約
      T/Pは139.287に設定

決済:場を見ながら手動決済。
   140.088→139.674 +41.4
   139.264→139.665 -40.1
   トータルで+1.3pips エントリータイミングと利確タイミングに難あり。
   利確ポイントをもっと早くすれば合計で+30pipsは取れたが、
   5分足を見ていない間に上昇。
   MACD GC,ヒストグラムプラス、実体がMAを超えたので利確

その後:下落を継続。利確時にMACDが下降トレンドであった。
    ダイバージェンスが出ていた。もう少し持って置けば下落した。

H4

GBPJPY_2017-03-21_15-48-33

H1

M15

GBPJPY_2017-03-21_16-10-00

M15 急上昇後
   ダブルトップのネックラインをきれば、140.091で1lotショート予約 でT/Pは139.287
   エントリー成立
GBPJPY_2017-03-21_20-38-00

M15 最初のエントリーから100pipsあげた後、やっと急騰後の下落が始まった

GBPJPY_2017-03-21_23-22-26

M15

H1 合計で わずかに利確。反省の多い疲れた投資でした。
  利確後、MAを超えて上昇開始。MACD ゼロより下でGC。
ヒストグラムプラス。

  ネックラインを下にブレイク後、フィボナッチ38%まで下落。50%はすんなりと下落
それから38%までは少し時間がかかった。
  その後、上昇。ここの途中で決済。⇒決済後一時上に上がるが、再度下落。
最初の買値以下に下落
  決済時、H1ではMACD DC,ゼロに向かって下落中でHoldしてもよかったか。

GBPJPY_2017-03-22_12-58-46

M15ではダブルボトムを上に抜いた。MACDはゼロ以下だがヒストグラムは短くなり始めていた。
RSIは下から上昇、ほぼゼロ。この時点では決済でよかったと思う。